(許可事例)技能実習生を1年で辞め、母国帰国後、すぐに短期ビザで来日

投稿者: | 2020年9月11日

代表行政書士の茂木です。(´・ω・`)

弊所でサポートさせて頂いた許可事例です。ご参考になれば幸いです。

【概要】ベトナム国籍/元技能実習生/(2019年)

 あまり金にならないからと、技能実習を1年で辞めてしまった方からのご相談でした。日本に親族がおり、その親族が子沢山で、様々な事情があり配偶者一人で仕事をしながら子育てをしているので、日本に行ってサポートしたい、またその親族配偶者もそれを望んでいる、ということでした。技能実習生として在留中も、休日などには、その親族家族を家事面でサポートしていたようです。

 技能実習生辞めちゃったのか~大丈夫かな~、と内心かなり不安でした。上記事情を詳しく説明した招へい理由書は必須です。また、身元保証人も日本人になっていただきました。

 「技能実習生を終わって帰国し、またすぐ日本に戻ってくる事はできない。」と親族配偶者様も言っておりましたが、確かに、技能実習終了後は、「日本で得た技術を母国に還元する」という約束がありますので、ちゃんと還元したのか?を母国帰国後6か月~は、入管様に確認されてしまいます。

 ただし、今回は、技能実習を1年で辞めています。しかも、会社や監理団体と揉めて辞めたわけではなく、お互い合意の上で辞めていました。したがって、「母国での技術還元の約束」を守る必要あるのか?もしかしたら、呼べるかも、と思いましたので、ちょっとダメ元ですが(お客様には申し訳ないです(´;ω;`)ウゥゥ)申請しました。

 結果、許可頂けました(90日)(母国帰国後2ヵ月くらい経過。)。ただ、海外でのビザ発給の際「事情があるので、今回は特別に許可した。」と職員から言われたそうです。

 こんな個人的な事情でいいいの?と思いましたが、とりあえずは良かったです。(o^―^o)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です